新卒採用

募集要項

募集職種・分野 ■営業 
■建築技術
■土木技術
■設計・カラーコーディネーター・収納アドバイザー
■WEB広報・宣伝
仕事内容 ■営業
工場、オフィス、店舗建築など、当社の手がけるラインナップからお客様のニーズに応える最適な建築企画・提案を行っていきます。当社をご利用いただくことで、お客様の事業発展を支え、「ずっとお願いしたい」と思っていただける信頼づくりをお願いします。

■建築技術
木造住宅から鉄骨建築まで、当社の手がける商品の工事、施工管理、アフターメンテナンスまでを担います。現場を知るプロの視点で利便性・合理性・時流適応・感性・価格のポイントをしっかり押さえ、お客様の声に応える役割をお願いします。

■土木技術
街の重要なライフラインとなる、道路・河川・上下水道、橋、造成など工事・施工管理を行います。幅広い工事を通して地域や街づくりに大きく貢献していける、やりがいが待っています。

■設計・カラーコーディネーター・収納アドバイザー
工場、オフィス、店舗建築や自社ブランド注文住宅「My Star」の設計など、お客様の理想とする建物づくりを企画・設計。営業との密接な連携による満足度の高い設計はもちろん、スムーズな施工を実現する施工図の作成など、他部署とのチームワークで設計を行っていきます。

■WEB広報・宣伝
お客様を会員とする「いちご倶楽部」のイベントの広報・企画、運営を行い、また広報誌の取材の立ち会いや、校正を行っていただきます。またホームページの更新を随時行い、お客様と一番近い存在として活躍していただきます。それ以外にも施工の取材やセレモニーにも立ち会っていただきます。
採用フロー 2016年卒オリジナルの選考フローで学生の皆様からの反響がありました。皆さんが楽しんで、当社のことを理解できるように工夫を凝らしております。
 ▼
会社説明会・一次選考(プレゼンテーショングループワーク)
 ▼
二次選考「プレゼンテーションオーナーワーク、10分面談、適性検査」
 ▼
三次選考「プレゼンテーショングループワーク、20分面談、作文」
 ▼
四次選考 「マネジメントゲーム」
 ▼
最終選考「面接」
 ▼
内定 !
初任給 200,165円
諸手当 資格手当 役割手当 通勤手当 他
昇給 年1回 (12月)
賞与 年3回(8月、期末9月、12月)
休日休暇 休日:日曜、祝日、第2・第4土曜
待遇・福利厚生・社内制度 各種懇親会、社員旅行、社員寮完備、人間力アップに繋がる研修への積極的参加、資格取得への全面サポート 他
勤務地 滋賀本社
京都支店
勤務時間 8:00~17:00
(休憩1時間10分含む)
教育制度 内定者実践研修(7月~2月で月1回)、新入社員研修(10日間)
採用実績(人数) 2014年:4名
2015年:4名
2016年:3名
問い合わせ先 〒521-1215 滋賀県東近江市佐生町150
本社 宮本 正和
TEL:0748-42-1151

人あってこその企業経営。全力で社員の成長を応援していきます。

社員の未来をしっかりと照らしていきたい

当社でさまざまな課題や楽しみに取り組むことで、自ら感じ、考え、行動できる人としての魅力を豊かに育ててください。代表取締役社長 辻野宜昭この数年、建設業界に大きな環境変化が押し寄せています。明るいニュースとしては全国的に建設需要が拡大していること。一方の懸念材料は “人手不足”で、業界全体にとっていま深刻な事態となっています。

しかし逆境は当然あるものと当社では捉え、長年をかけて外的環境に左右されない体制づくりを行ってきました。その第一が人づくりです。「金儲けより人儲け」を貫き、社員満足や働くやりがい、仕事を通じて人生を豊かにする舞台をしっかりと整備しています。

「当社の一員になっていただくからには、全力でその人の未来を照らしたい」と取り組む新入社員研修は、さまざまな体験を通じて仕事の興味を発見できる独自プログラムを構成。モチベーション高く取り組んでくれ確かな手応えを得ることができました。さらに2015年からは内容をパワーアップして「内定者実践研修」に挑戦。入社前の7カ月間、しっかりと社会に向かうウォーミングアップをしてもらおうとの趣旨で、今まさに内定者がチームワークで解決に挑んだり、時にはつまずきながら楽しく学んでいる最中です。

なぜ入社前にこれほどの教育時間や費用を割くのか。その答えは明快です。内定者がこの研修を経て4月には日本中のどの新入社員よりも良いスタートダッシュを切ることができるから。それは本人はもちろん、当社にも大きなアドバンテージとなります。会社も人も切磋琢磨しあえる風土があるから、当社はどんな環境変化にも立ち向かえる強さがあると自負しています。

お客様に喜んでいただく建設サービスを届けよう

「お客様に喜んでいただく」それが当社の考える経営の本質です。建物の “ものづくり” を担うだけではなく、“地域のコンシェルジュ”として住まいや暮らしのお困りごとにしっかりお応えし、頼られる存在となることが目指す企業像。

『人との出会い・ご縁に感謝し、誠意を尽くして責任ある仕事をお返しする。その積み重ねによりお客様の喜びの輪が広がり、街が潤っていく』

このようにお客様や地域の笑顔を繋ぐ「建設サービス」を届けることが私たちの喜びであり誇りです。これから当社のフィールドを存分に駆け巡る皆さんとの出会いが楽しみ。共に励み当社の未来を楽しく創りあげていきましょう。

社員インタビュー

工事部 建築 居原田和真(2010年入社)

お客さまの利益を創造する施工を行い、頼られるパートナーとなりたいですね。

居原田和真入社後からさまざまな部署を経験してきました。最初の5ヶ月は研修を兼ね、鉄骨の建設現場を担当。協力業者や職人さんなど、多数の人との関わりながら、「こうやって建物が建つんだ」と仕組みや工事の流れを知ることができました。
次に担当したのが住宅のリフォーム工事。現存する建物に設計・施工するリフォームは、新築とはまったく異なる世界。「設備の据付けをどうすれば良いか」「この施工方法は最適か」など、その場の確認や判断が必要となってきます。まだキャリアの浅い私は、施主さんの意向を踏まえ、現場に伝える橋渡し役となり奮闘。リフォームを1年半経験したことで、随分工事の対応力が身についてきました。
そして一昨年、私にとって初の木造建築となる病院建設に着手。発注元の設計事務所の確認をとりつつ、工事責任を担わせてもらいました。施工中には細かな仕様変更も発生します。いかに決められた予算・工期内で施主さんの声にお応えしていくか。提案の大切さと、お客さまの思いを担う私たちの責任をひしひしと感じました。他にも土地造成の現場に携わるなど、さまざまな建築に触れたことが、今の私の実力に確実に積み上がっていると実感します。
この経験を生かして、次は大きな現場をいちから手がけてみたいですね。そして、お客さまにいろいろな方面からよいご提案を発信し、利益創造のパートナーとなって「Win-Win」の関係を育んでいきたいですね。

営業部 西村かなえ(2010年入社)

一人でできると進めた案件で大失態。報・連・相の大切さを思い知りました。

西村かなえ入社から2年は、仕事の基本を覚えお客様の前に出るだけで精一杯でした。3年目になってようやくひと通りの営業活動ができるようになると、今度は必要以上に意気込んで何でも自分でやろうとしてしまっていました。
ある時、この心の隙から痛い経験をすることに。当社にお問い合わせいただいたお客様の事務所新築ご相談を、私が担当することになりました。過去に上司の助けをいただきながらも、あるお客様の事務所建設を成約できた経験があったため「自分で進められる」と営業を進行。設計や工事部に度々協力いただきながらお客様の要望にあわせたプランを作成。提案を見直しつつ4カ月にわたって懸命にアプローチしていきました。そしていただいた返事が「申し訳ないが他社に依頼します」・・・。精魂込めて提案していただけにショックは想像以上でした。「もし途中経過を上司や周りの人に報告・連絡・相談していたら、もっと違う結果になっていたかも知れない」と猛反省でした。せめてもの救いだったのが、私の熱意を買ってくだり旧社屋の解体工事を依頼してくださったことでした。
情報発信や共有の大切さを思い知った私は、この時、社内の皆さんをもっと味方に付け、当社全体を武器にした営業を心に刻みました。

工務部 高橋嘉徳(2009年入社)

工事部で経験したことを、次の設計部で最大限に生かしていきたいですね。

高橋嘉徳入社から4年間、上長である所長の下に付き工事管理をイチから学んでいきました。私が手がける現場は工場や倉庫などの大型建築。複数の建築技術者が役割分担をし、チームで全体工事を進めるスタイルになります。その仕事内容は多彩です。設計事務所や建築主とのやりとり、設計図通りに工事が行われているかの管理、施工者の指揮と工程管理、品質管理、積算、アフターメンテナンスまで。建築士2級を取得していますが、技術者としてのスキルは現場の実践でしか養えないものでした。
5年目に入ると、自分がメインとなって案件を担当するように。初の仕事は農業倉庫の建設。また、当社にとってシステム建築(標準化された建築部材を用いる工法)導入第1号であったため、私はメーカー工場に足を運び商品を勉強することからスタート。終始緊張感ある仕事を経験しました。昨年は遂に、お客様の事務所建設に設計から携わるチャンスが巡ってきました。ところが、施主さまの想いが深く、一旦建築申請を上げたものが差し戻しになるなど大苦戦。先日やっと完成を迎えた時は、本当に感慨深かったです。この春からは設計部に異動が決まりました。私の入社以来の希望を会社が聞き届けてくれたことに感謝して、新たなキャリアに挑んでいきます!

内定者の声

私たちがなぜ建設業、大兼工務店に入社を志望したか。その理由をお伝えします。


recruite2-8
recruite2-9

大兼工務店が意中の会社となったのは、人の魅力を目の当たりにしたからです。社長や常務、先輩社員の皆さんの “あたたかく、面白く、情熱あふれる” 人柄に「こんなに人が素敵な企業はない!」と強く思いました。内定者実践研修では「だいかね人」となる基本準備だけではなく、人としての心得までを学ばせていただき大変貴重な経験をさせていただいています。
A.Kさん

だいかねの選考会はどの会社よりも笑顔があり、リラックスして臨むことができました。三次選考はグループでストロータワーを造るというワーク。普通はライバルとなる受験者と知恵を絞りながらモノづくりをしていく過程はとても楽しく忘れられない体験に。「笑顔とありがとうを集めよう」の会社理念そのものを体感し、入社したい気持ちが高まりました。
M.Kくん
湖東出身の僕は、小さな頃にだいかね夏祭りに行った楽しい思い出がありました。高校、大学と建築を学んでいくなか、本当にやりたいと思った分野が「モノづくり」。建てることで誰かを喜ばせたいと建設業への進路を決めました。大兼工務店のセミナーで、お客様の笑顔をつくるために真剣に取り組む姿勢に感動。夏祭りの記憶もよみがえり「地域に愛される会社で自分も活躍したい」と熱望しました。
K.Kくん

専門学校で建築を学ぶ私は、地元湖東の就職を希望して建設業を探していました。地元で活躍している大兼工務店に出会い、説明会に参加。笑顔あふれる時間を過ごせたこと、実際に社員の方のいきいきした姿を通して「社員は何よりも財産」との会社の考えが本当だと直感できました。内定者研修で同期4名との絆ができてきたことも心強く思います。
M.Kさん

新卒採用 応募フォーム

パーソナル情報
必須メールアドレス(半角)
必須メールアドレス(確認)
必須氏名
必須フリガナ(カタカナ)
必須連絡先(昼間)
必須連絡先(夜間)
必須郵便番号 郵便番号か住所を入力すると郵便番号が検索できます
必須ご住所
  1. 都道府県
  2. 市区町村
  3. 丁目番地
必須年齢
必須最終学歴
キャリア・スキル
保有資格・得意技術
希望項目
必須希望職種
希望勤務地
希望動機
必須希望動機を
お書きください
あなたが会社でやりたいことは何ですか?
今まで打ち込んだこと等(スポーツ実績等)を
自己PRとしてお書きください。
その他